最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

安全に持ち運ぶ暗号通貨ウォレット Huobi Tokenがブロックチェーンスマートフォンを発売

安全に持ち運ぶ暗号通貨ウォレット Huobi Tokenがブロックチェーンスマートフォンを発売
2019年9月5日

シンガポールに拠点を置く暗号通貨交換取引所HuobiのネイティブトークンであるHuobi Token(HT)は、取引所が「ハードウェアへの」移行を発表した後、時価総額が上位20のトークンの中で最高のパフォーマンスを発揮しました。

 

9月4日の世界標準時刻11:48には、HTは約4.11ドルで取引されており、過去24時間で3%上昇していました。一方、他の上位20コインはマイナスであるか、最大1%のプラスだったため、HTの上昇は目を見張るものがあります。

HTは過去7日間で見ても、まだ9%の低下となっています。

 

3日、Huobi は、9月11日に彼らのIEOプラットフォームであるHuboi Primeにて、Whole NetworkのネイティブトークンであるNODEのトークンセールを開始すると発表しました。
Whole Networkはブロックチェーンスマートフォンの「Acute Angle」の開発を行っており、これを以ってこのデバイスが本格始動するということになります。

さらに、このデバイスはHTで購入することもできるとのことです。

加えて、Huobiは、既にベンチャーキャピタル部門であるHuobi Capitalを介してプロジェクトに投資していることを認めました。

 

「業界が発展し、5Gなどの革新的な技術が当社の通信システムに統合されるにつれて、多くの暗号通貨コミュニティはますますモバイルデバイスを介した取引を求めていくようになるだろうと見ています。

このことを考えると、ブロックチェーン用に最適化されたデバイスの必要性は明らかです。」とHuobi GlobalのCEOであるLivio Weng氏は語り、プレスリリースでさらに次のように述べています。

 

「Acute Angleは現在中国で利用可能ですが、Wh​​ole Networkは2019年第4四半期末までに東南アジア全域でデバイスを発売する予定です。ヨーロッパおよびアメリカの顧客であれば、スマートフォンを購入できるようになるでしょう。」

 

Acute Angleの価格は515ドルで、ブロックチェーンスマートフォンの中でも安価で販売されます。

発表によると、標準装備されているウォレットアプリに加えて、オプションとしてプラグイン型のコールドウォレット、さまざまな暗号通貨関連の取引アプリおよびニュースアプリ、取引通知機能、dapp(分散型アプリケーション)サポートなど、暗号通貨に関する必要な機能が含まれます。

さらに、「Acute Angleで暗号化コミュニティを活用し、情報交換するために、NODEをユーザーに無料で与えるマイニング/タスク報酬機能」も組み込まれているとのことです。

 

ウォレットを現実的に持ち歩けるようになれば、使用機会も自ずと増えていくでしょう。普及には時間はかかりそうですが、暗号通貨取引所自らが開発・発売するとあって、今後も目が離せません。

 

競合デバイスであるSirin LabsのFINNEYやHTCのExodus1は、それぞれ899ドルと 699ドルとなっています。

 

関連記事:Samsungの描くスマートフォンを用いたブロックチェーン事業