最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

ハリウッド俳優のWesley Snipes氏が映画基金をトークン化

ハリウッド俳優のWesley Snipes氏が映画基金をトークン化
2019年9月13日

Wesley Snipes氏による映画基金

リヒテンシュタインの暗号資産取引所Liechtenstein Cryptoassets Exchange(LCX)は、ハリウッド俳優のWesley Snipes氏と契約を結んだとしています。

彼は2,500万ドルの映画基金をトークン化し、彼と彼のプロダクションスタジオであるMaandi Houseが制作する今後の映画やテレビ番組に投資できるようにしました。

 

Wesley Snipes氏は

「私たちの古くからのファンと新しいファンの両方が、今後の映画に対し、間接的に私たちの共同プロデューサーになることができるようになりました。
これはとてもエキサイティングなことです。トークン化されたDaywalker Movie Fund(DMF)により、視聴者は同時に投資家となり、映画や番組の成功への道のりに参加できるようになります。」と述べています。

 

LCXのCEOであるMonty C. M. Metzger氏はさらに

「ブロックチェーン技術の導入は、電子メールの導入のように新しい価値を生み出します。
トークン化は、新しいレベルでデジタル資産を強化し、金融業界の定義を見直すきっかけとなるでしょう。

LCXのプロジェクトチームは、規制および法的側面を踏まえての今回のパートナーシップのために、数か月間準備してきました。この度、最終的な公開に至り、大変嬉しく思います。」と語っています。

 

今回のプロジェクトの目標は、LCXのプラットフォームとリヒテンシュタインの規制を基にしたブロックチェーンインフラストラクチャーを介して、完全に規制されたトークン化セキュリティを提供することです。

これにより、機関投資家や個人投資家などにとっては参入障壁が大幅に低くなり、幅広い視聴者そして投資家がこの機会を利用し新しい形で映画に関わることができるようになるでしょう。

 

Daywalker Movie Fund(DMF)

2,500万ドルのDMFはトークン化され、DMFセキュリティトークンと表されます。投資金は、プロのファンドマネージャーとSnipes氏とで構成される投資委員会によって管理され、映画基金として、彼らの、または他のハリウッドのプロデューサーによる映画製作の制作予算へ割り当てられます。

 

LCXのブロックチェーン技術を基にしたプラットフォームは、投資家の登録と識別処理を行い、セキュリティトークン製品の中心的なハブとして機能します。

DMFセキュリティトークンにより、投資家は制作とIP(知的財産権)の両方の利益を享受できるだけでなく、映画のプレミアイベントへの招待を含むさらなる特典や利益を得ることができます。

こうした利益はDMFセキュリティトークンの価値をさらに上げることになると共に、映画業界における持続可能で長期的な価値の創造を可能にします。

 

現在、LCX.comでは事前登録が受け付けられています。事前登録したユーザーは、セキュリティトークンの提供が公式に開始された際に優遇があるとのことです。

 

Snipes氏はアメリカの俳優であり、映画プロデューサー・総合格闘家・作家として有名です。彼の主な出演作には、New Jack City・Major League・White Men Can’t Jump・Passenger 57・Demolition Man・MarvelシリーズであるBladeの3部作などが挙げられます。

最近では、先日のトロントの映画祭「TIFF 2019」で、自身も出演したEddie Murphy氏主演映画「Dolemite Is My Name」が初上映されました。Snipes氏は今年、90年代のEddie Murphy氏出演映画「Coming To America」の続編で、彼と再び共演する予定です。

 

前述したリヒテンシュタインの暗号資産取引所のLCXは、プロの投資家向けのブロックチェーンエコシステムを構築しています。
2018年に設立され、革新的なブロックチェーン法で知られるリヒテンシュタインに本社を置き、世界最大手の各付け機関であるStandard&Poor’sからAAAの評価を得ています。
彼らの目標は、従来の資産と暗号資産をシームレスに融合した、世界で最初の認可及び監視されたブロックチェーンバンクの1つになることです。

 

関連記事:ソニーミュージックがブロックチェーンを導入 音楽業界とブロックチェーン